新築一戸建て住宅でローンを借りる時の注意点

日本では一戸建て住宅を購入する人のうち、新築一戸建て住宅を購入する人の割合は8割にも及ぶと言われています。

新築一戸建てを購入するときに注意するべき点は、そのローンの組み方です。現実的な話、住宅ローンを組んでも5年から10年でローンの返済が不能になり、自宅を競売にかけられたり、任意売却をしなければならなくなることもよくあるのです。

家を手放さないまでも、夫婦で住宅ローンを返済するためだけのために子供はほったらかしでフルタイムで働いている家も少なくありません。

話題になっている岡山の新築一戸建てがさらに話題になりそうです。

もちろん、価値観は人それぞれですので、住宅を維持するためなら一日中働いてもかまないという人がいるかもしれません。


ですが、住宅ローンが安いほうが子供との時間が十分に持てます。

それこそが家族としての自然な姿のはずです。

新築一戸建て住宅を購入してローンの支払で苦しんでいる人の多くは、ボーナス時の返済額が高かったり、毎月の返済額が高いことが原因です。

岡山の新築一戸建ての詳細情報となります。

その状態で突如ボーナスがカットされることや給料が減額されるとどうにも首が回らなくなり、休みなく働くか、家を手放すしかなくなります。

では、どのくらいの額であれば住宅ローンを無理なく払うことができるでしょうか。一つの基準として、毎月の手取りの3分の1以内で収まれば十分無理なく返済できるのです。



もちろんボーナス時の支払いは含みません。

また、今まで賃貸住宅を借りていたとしたら、その賃貸住宅の毎月の家賃より2~3万円下回る返済額なら問題ないでしょう。